FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

チャンカピエドラとは利尿薬

粘液物質を含んでおり、「すべりひゆ」の名は茹でた際にぬめりが出る事に由来するとされ、若苗は食用にされ、茎や葉は利尿薬や解毒薬として使われたそうです。

スベリヒユの茎は赤紫色を帯び地を這って分枝、葉は長円形の肉質で互生する。

だから しかし、糖尿病や高脂血症の患者さんには利尿薬は向かないよう です。

では、気になる副作用についてです。

利尿薬はナトリウムの排出と同時にカリウムも排泄しますので、 それに伴って低カリウム血症を引起す恐れがあります。

そして 薬をジェネリックに切替 それぞれお値段は(一錠分:新薬→ジェネリックの順のお値段) ??(降圧薬)46.9円→10.7円 ??(利尿薬)29円 ??(強心薬)15円くらい→6.4円 ??(β遮断薬)91.2円→22.3円 ??(高脂血症薬)130円→51円 ??(抗凝固薬)6.4円 ??(抗 利尿薬はナトリウムに敏感に反応して血圧が上昇してしまうような人にとってはお勧めの薬といえるでしょう。

また利尿薬は、むくみといった症状にも効果があるので、心不全を同時に患っている高血圧の人にも、向いているようですね。



利尿薬といえば、当然 種子は利尿薬になる。

          ビタミン類、カルシウムが豊富。

                 残念ながら非常に情報の少ない野菜で、           食品成分表や図鑑にもほとんど登場しません。

スポンサーサイト

2007年09月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< しらなかったな?イケメンパラダイスのこと1花ざかりの君たちへ | 最近のできごとTOP | レッドドラムポケモン >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。