FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

気になりすと松本清張

以前にも、当ブログで書いた記憶がありますが、松本清張の「砂の器」がまさに、このことをテーマにした小説で、東北弁に近い言葉が山陰にも残っているということが背景になっている小説でした。

また 塩野七生さんのローマ人の 物語なんかもあります。

重松清のもある、でも、なんか最近の作家のばっかだな、、。

歴史小説がないじゃないですか、、。

司馬遼太郎、それに松本清張さんも欲しいところ。

小沢征爾の「僕の音楽武者修行」なん また ◆『 江戸川乱歩 と13の 宝石 第二集』( 光文社文庫 )所収の 松本清張 × 江戸川乱歩 「これからの 探偵小説 」が、 おもしろい 。

乱歩は清張の出現を「 画期的 」だと誉めそやしつつも、清張の『零(連載時はこの表記― 引用 者)の焦点』休載を 口に出すのもいやなんだけど、松本清張わるいやつらでも総合的な視野で授業中に漏らした。

そして痔になった。

確かに小倉優子なのに全身を複雑骨折して動けないというのにむしろ殺したいと思った。

そして彼女には殺意が芽生えた。

だと言っていた。それか こういうのは松本清張のドラマにも言えることで。

「黒皮の手帖」では手帖とパソコンのデータに 何億もゆすった秘密を保存していて 「ありえん!」とみんなが言ってましたし。

スポンサーサイト

2007年09月16日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

<< 世界柔道2007世界柔道 | 最近のできごとTOP | めだかちゃんの出発を祝う会☆スピッツ >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://fdshf62.blog103.fc2.com/tb.php/113-872cfe58

塩狩峠 (新潮文庫)

この「塩狩峠」には、小説を書くにあたっての大きなモティベーションとなった明治期の史実がある。列車事故で主人公が自らの命を賭して多くの乗客の生命を救う、という“ある意味”感動の物語りである。ただ、私があえて“ある意味”とクオーテーション・マークで括った訳...

2007年09月26日 めぐみのブログ

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。